モネ展2018横浜美術館混雑状況は?所要時間やグッズ情報も!

「モネ それからの100年」は横浜美術館で開催されています。

モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧。

https://www.youtube.com/watch?v=E7Uw6L4yuoQ

クロード・モネ(出典 wikipedia

クロード・モネ(Claude Monet, 1840年11月14日 – 1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。

1840年、パリで生まれたが、5歳の頃から少年時代の大半をノルマンディー地方のル・アーヴルで過ごした。絵がうまく、人物のカリカチュアを描いて売るほどであったが、18歳の頃、風景画家ブーダンと知り合い、戸外での油絵制作を教えられた。1858年頃に謎の東洋人アサヒと知り合うも、一年足らずでアサヒは失踪する。アサヒとモネの関係性は未だに謎のままである。1859年にパリに出て、絵の勉強を始め、ピサロ、シスレー、バジール、ルノワールといった仲間と知り合った。

モネが経済的に苦労していた1870年代、彼の静物画が780フラン(31ポンド5シリング)で売れたという記録がある。1886年にニューヨークでの印象派展覧会が開かれてから、市場での評価は徐々に高まり、1890年代には100ポンド台に達した。1890年代末には、800ポンド台に達するものも出てきて、モネは富裕な大家としての地位を確立した。1918年、『ラ・ジャポネーズ』を画商が6000ポンドで買い取ったのが、第2次世界大戦前の最高価格であった。ただ、ルノワールと比べるとずっと低い評価であった。

1950年代、スイスの美術館が晩年の「睡蓮」を展示したのを機に、モネの再評価(リヴァイヴァル)が始まった。

2008年6月24日、ロンドンのクリスティーズで、晩年の『睡蓮の池』が4100万ポンド(8050万ドル、約87億円)を記録した。2016年11月16日には、ニューヨークのクリスティーズで、『積みわら』が更に上回る8140万ドルで落札され、市場での印象派の強さを見せつけた。

スポンサーリンク


開館時間・アクセス

会場:横浜美術館

展覧会の開催期間:2018年7月14日(土)~9月24日(月・休)
2018年4月25日(水)~7月1日(日)は名古屋市美術館で先行巡回

休館日:木曜日(8月16日)は開館

開館時間:10:00~18:00
(8月10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)、9月14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日(土)は午後8時30分まで開館)
※最終入館は閉館の30分前まで

横浜美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
https://yokohama.art.museum/visit/access.html

所要時間

「モネ それからの100年」で展示されている作品は約90点。

2時間ぐらい滞在していた人が多いようです。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドナビゲーターは声優・櫻井孝宏(さくらい たかひろ)さん。

音声ガイド貸出価格は550円(税込)

所要時間に関するコメントを抜粋してまとめました。

・2時間半居座った。
・1周まわるのに軽く2時間は経ってた。
・2時間掛けてゆったりと満喫。
・3時間弱滞在。
・気がつくと3時間くらい。
・館内に3時間いた。
・2時間ずっと櫻井さんの声聞いてた。
・きづいたら2時間経っててびっくり。
・時計見たら2時間以上経ってた。
・気づいたら2時間みていた。
・2周して2時間半程観てました。
・モネ展2時間弱みてしまった。



混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況はモネ それからの100年(横浜)の公式twitterに掲載されています。
リアルタイムとはいきませんが、時間帯ごとに状況を発信してくれているようです。

チケット購入待ちが発生していることが多いため、
事前に購入しておいたほうがいいでしょう。

モネ展の混雑状況・待ち時間に関するコメントを抜粋してまとめました。
混雑具合の目安にしてください。

・平日夕方訪問、程よい混み具合。
・平日行ったのに結構混んでた。
・月曜日 比較的空いててゆっくり見れた。
・月曜日 混んでた。
・月曜日と云うのにけっこうな混雑。
・月曜日 平日ながら課題なのか小中高生も多く混雑していました。
・火曜日 混み具合はお昼過ぎに人多いですが、15時頃はほぼ作品を独占できます。
・火曜日 夏休みに入ったので、やはり混雑してました
・火曜日 平日とはいえ予想以上に空いてました。
・水曜日 結構混んでたけど、観るのには支障ないレベル。
・金曜日 平日でもかなり賑わっていた。
・金曜日 平日の夜だからか、じっくり見れて良かった。
・金曜日 会場内結構混雑。
・金曜日 平日だからそんなに混んでなく、ゆっくり鑑賞。
・土曜日 思ってたより混んでなかった。
・土曜日 そんなに混んでなかった。
・土曜日 意外と空いてて見やすかった。
・土曜日 それなりに混んでる。
・日曜日 結構な混雑具合。
・日曜日 さすがにモネ展混んでる。
・日曜日 混んでたけど生で見られてよかった。
・日曜午後で混んでた。
・日曜日 わりと混んでた。
・日曜日 平均的な混み具合。
・日曜日 めっちゃ混雑してる。
・夏休みだし日曜だからすごい混んでた。

平日でも時間帯によっては混雑しているようです。
リアルタイムのTweetなどを参考にしたようが良さそうですね。

20:30まで開館している
8月10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)、9月14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日(土)
が狙い目。



グッズ

モネ展のグッズには図録,リラックマぶらさげぬいぐるみ,クリアファイル(A4サイズ),はがきセット,タオルハンカチ,ポーチ,メガネケース,アームカバー,干菓子,キャンディ,ドライフルーツウォーター,三角バレッタ,三角クリップ,ヘアゴム,イヤリング,ブローチ,靴下,フレーム付フォトカード,チケットファイル,一筆箋,トートバッグ,ネイルシールなどがあります。

モネ展のグッズ情報はコチラ

チケット


チケット料金

一般1,600円
大学・高校生1,200円
中学生600円
・小学生以下無料
・65歳以上の当日料金は1,500円(要証明書、横浜美術館券売所でのみ販売)
・毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
・障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
・観覧当日に限り本展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可

モネ展のチケットは横浜美術館の券売所以外にも、
展覧会公式サイト、電子チケット「スマチケ」、イープラス、チケットぴあ(Pコード:768-788)、ローソンチケット(Lコード:31795)、CNプレイガイド、楽天チケット、Yahoo!チケット、Tチケット、JTBレジャーチケットなどで購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見るとモネ展のチケットが1,400円ぐらいで落札されているようです。

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

感想・口コミ

twitterでツイートされていたモネ展の感想を抜粋してみました。